話し合いが大事 | 設計事務所で注文住宅を作る際に目指したいこと
住宅を建てるなら 実績のある業者に任せよう

話し合いが大事

設計事務所に依頼するときは、デザイン性で選ぶ人も多い。
設計にこだわるといえば、一般的にはそういったデザインに関するイメージが強いからである。
しかし、設計事務所を選ぶときには、事務所の実績や建築士の人柄についても考える必要がある。
事務所には、住宅ではなく、企業のビルや小売店の設計を専門的に行っているところも多いからである。
そういった設計事務所には、住宅を建設するノウハウが無い可能性もある。
このため、得意な分野を任せられる事務所を選ぶべきといえる。
どんなに好きなデザインでも、住宅には向かないデザインもある。
設計事務所に相談すれば、説明の際にこの注文を受けられるか受けられないかを判断してくれるが、二度手間にならないように、あらかじめ調べておく必要がある。

そして、実際話し合いを進める時に見るべきところは、建築士とのコミュニケーションである。
結局のところ、人間関係で話しやすいか話しにくいかといった点が重要になってくる。
建築士が考える設計と、注文者が想像している設計ははじめから想像が異なることがある。
設計事務所を選ぶときは、注文者と建築士が密に連携をとり、同じ最終目的地を歩いているかどうかを測ることが鍵になってくる。
希望を聞いてくれる、変更点は丁寧に説明してくれるといった建築士がいる設計事務所であれば、信頼することができるといえる。
完成後にも様々に依頼することが出てくるので、設計事務所の経営状況を見ることも大事なポイントになってくるといえる。