センスが問われる | 設計事務所で注文住宅を作る際に目指したいこと
住宅を建てるなら 実績のある業者に任せよう

センスが問われる

日本の設計事務所のレベルは、世界的に見ても高度であり、レベルも高い。
中国やアメリカなど、世界でも名だたる先進各国で、日本の設計事務所は設計を行っている。
人気のある設計事務所には、有名な建築家が在籍しており、その建築士が設計事務所の代表になっているというところも多数ある。
特に日本の設計事務所が海外でも人気のある理由といえば、そのデザイン性である。
建築士には設計の便利さも含め、デザイン性の高さが求められている。
建築は大きな彫刻作品でありオブジェでもある。
日本の建築は伝統的にも世界から注目されているが、モダン建築でも異彩を放っている。
こういった、モダンかつ使いやすい設計を行っている設計事務所であれば、必ず注文者の意図を超える作品を作ってくれる期待が持てる。

設計事務所に建築を依頼するのは、建築に対して意外性を持ちたいからでもある。
自分の思い通りの設計で建設が出来たとしても、そこにはあまり意外性は生まれない。
それは、建築のことについてあまり知らないからであるともいえる。
しかし、設計事務所では常に建物のことについて考えられており、住宅に住む当事者でも想像することができないところまで考えぬかれている。
しかも、建築士の個性を大事にしている設計事務所では、他のどこよりも個性豊かな意外性のあるデザインが生まれる可能性がある。
欧米では建築は芸術分野で最も高い位置にあるものでもある。
そういった設計事務所が活躍する場を与えることができるのも、注文者にとって満足できる部分でもある。